Cato:次世代ネットワーキング・セキュリティ・プラットフォームの台頭

本日(2023年9月19日)、当社は過去最大の資金...
Cato:次世代ネットワーキング・セキュリティ・プラットフォームの台頭 本日(2023年9月19日)、当社は過去最大の資金調達ラウンド(2億3800万米ドル)を発表し、新たな企業評価額は30億米ドルを超えました。これは Catoの成功のみならず、企業インフラにおける広範な変化を示す、注目に値する成果です。   私たちはデジタル・トランスフォーメーションの時代を生きています。競争力を身につけ、コストと複雑さを軽減し、顧客満足度を向上させるために、あらゆる企業がAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)と同等の敏捷性、拡張性、回復力を備えたいと考えています。しかし、その目標達成のためには、ネットワークとセキュリティの両方を含む企業インフラ自体がデジタル変革を達成しなければなりません。デジタル・ビジネスを妨げるのではなく、成功に導くものでなければなりません。セキュリティー・プラットフォームはその第一歩です。  プラットフォームは厄介なものです。その定義上、プラットフォームとは単一のベンダーから提供され、その企業のほとんどの要件をカバーする必要があります。しかも、それだけでは十分と言えません。あるベンダーは、買収によって手に入れて組織的に構築した製品を「ツギハギする」ことで、プラットフォームを構築したように見せかけています。こうした場合、プラットフォームはすべての機能をカバーするかもしれませんが、そこにまとまりのある統一感はなく、統合されていないコンポーネントの集合体のように感じられます。これはすべての買収型ベンダーに共通する課題です。彼らは健全な財務状況という利点を提供しますが、期待されたプラットフォームのメリットを提供するには至っていません。実際、彼らは製品のポートフォリオを持っているにすぎず、プラットフォームには程遠いものです。   [boxlink link="https://www.catonetworks.com/resources/cato-named-a-challenger-in-the-gartner-magic-quadrant-for-single-vendor-sase/"] Cato named a Challenger in Gartner’s Magic Quadrant for Single Vendor-SASE | Get the Report [/boxlink] Catoは2015年、クラウド時代に向けたネットワーキングとセキュリティのプラットフォームをゼロから構築する旅をはじめました。当社の目標は、単に多くの機能要件をなるべく早くカバーすることだけに留まっていませんでした。むしろ、IT部門における非生産的な単純作業を軽減しながら、最大限のセキュリティ体制と最適なパフォーマンスを維持する、統合されたグローバル・クラウドネイティブ・サービスを活用した、シームレスでエレガントなエクスペリエンスを提供したいと考えていました。あらゆる場所からの利用が可能で、一貫性のあるサービス・アーキテクチャにより、最大規模のデータセンターから個人ユーザーに至るまで、スケーラブルで柔軟性のあるセキュアなアクセスの確保が実現しました。   当社は過去8年にわたり、ガートナーが2019年にSASEと名付けたこの革命的なアーキテクチャを成熟させ、2,000社以上の顧客に提供する機能を迅速に拡大するために取り組んできました。また顧客ベースだけでなく、Catoを利用する企業の規模や複雑さも拡大してきました。当社顧客は、インフラストラクチャの変革と最新化の過程で、既存ベンダーが提供する多くのアプライアンス型やクラウド型サービスを持続的に利用するスキルやリソースを見つけることができず、Catoに乗り換えています。   新しいプラットフォームを構築するというのは、野心的な試みです。潜在顧客は、長い間使い慣れた "既知の悪" であるレガシー・アプローチか、より高性能かつ効果的なネットワーキングとセキュリティプラットフォームである当社ソリューションか、どちらかを選ばなければならない状況に置かれています。   本日の資金調達ラウンドが、当社の進む道が正しいことを証明しているといえるでしょう。当社は何万もの拠点、何百万人ものユーザーを抱える当社顧客に、唯一の真のSASEプラットフォームを提供し、業務遂行に必要不可欠なビジネスオペレーションを実現することで信頼されています。また、当社のビジョン、ロードマップ、そしてネットワーキングとセキュリティを変革し続けるという当社の使命に共感する、既存および新規の投資家からも信頼を得ています。   SASEは、未来そのものです。当社はそう想像し、投資し、構築し、信じています。   Cato。それは、SASEの代名詞。  

困難な戦時下にあるイスラエル国内の事業継続性について

世界のニュースで報じられているとおり、2023年1...
困難な戦時下にあるイスラエル国内の事業継続性について 世界のニュースで報じられているとおり、2023年10月7日、テロ組織ハマスがイスラエルの都市や村々に対して残忍な攻撃を仕掛け、数千人の市民が犠牲となっており、イスラエルはハマスが実効支配するガザ地区との間で戦争状態に入ることを余儀なくされました。 Cato Networksは、世界30か国以上に850人超の従業員を擁するグローバル企業ですが、その事業および技術的なオペレーションのかなりの部分は、イスラエルのテルアビブを拠点としています。 このブログでは、お客様およびパートナー各社の重要なネットワーク&セキュリティインフラを支えるサービスを引き続き確実に提供できるよう、当社が最新のシナリオに合わせて調整した事業継続計画(BCP)に沿って講じている措置を詳しくご説明します。 事業継続性を設計に反映 当社のSASEサービスは、完全分散型のクラウドネイティブなソリューションとして一から構築されたものです。単一障害点を持たないことが、当社ソリューションアーキテクチャの重要な利点の1つとなっています。当社オペレーションチームが構築・訓練したAIエンジンが、サービスにおけるパフォーマンスや可用性の低下の兆候を確実に捉え、自律的にこれに対応します。 この機能は当社の日々のクラウドオペレーションの一部であり、その結果、1つまたは複数のPoPでダウンタイムが発生しても、お客様の業務が中断されることはありません。当社SASEクラウドの高可用性と自己修復機能は、以前にもその真価を問われたことがあり、その実力が証明されています。 ソケットの在庫は常に世界中に分散されており、.北米、ヨーロッパ、アジア太平洋日本地域の倉庫に保管されています。すべての倉庫に十分な在庫があり、在庫不足や納期の長期化は見込まれていません。実際、当社は以前にも、グローバルサプライチェーンで生じた問題を克服できた実績があります。 24時間365日のサポート体制 当社のサポート体制は、2000社を超える法人のお客様から求められる場所とタイミングで、常に対応できるようにデザインされています。軍事衝突やパンデミックといった悪条件下においても、お客様に通常どおりサポートをご利用いただけるよう万全を期しています。 サポート拠点は米国、カナダ、コロンビア、英国、北アイルランド、オランダ、イスラエル、ポーランド、ウクライナ、マケドニア、シンガポール、フィリピン、そして日本に置かれ、グローバルな体制で運用されています。時差を超えて24時間365日サービスを提供できるよう、すべてのチームが連携して動いており、サポートチケットへの対応漏れが絶対に起きないようにしています。 サポートが必要なお客様は、引き続き標準のサポートチャネルを通じてお問い合わせいだければ、ご期待とご希望に沿った水準のサポートが受けられます。 イスラエルにおけるBCPの発動 CatoのSASEサービスは、ISO 27001およびSOC2の認証を受けているほか、その他の国際規格にも準拠しています。 そうした認証の一環として、事業継続計画(BCP)を策定して定期的に訓練を行い、必要に応じて計画の改善や微調整を行うことが義務付けられています。 当社のBCPは総合的なテストが実施されているのみならず、新型コロナウイルス感染症が世界的に流行した際も、問題なく発動されています。2020年3月には、すべてのスタッフがリモート勤務に移行しました。この移行は、Cato SASEクラウドのZTNA機能を利用することでスムーズに行われ、サービスの可用性、パフォーマンス、サポートに関してお客様に影響が及ぶことは一切ありませんでした。 今回は、イスラエル国内のスタッフを対象に、同じBCPを再度発動しました。技術系の部署は、エンジニアリングサポートおよびDevOpsシステムにセキュアにリモート接続でき、自宅から引き続き安全に仕事をすることができます。 BCPを超える対応 当社は、現在の情勢を受け、レジリエンシーを強化するために追加の措置を講じています。 2023年10月8日 欧州・中東・アフリカ地域の各チームを補強する意味で、アジア太平洋日本地域のサポートチームのシフトを延長しました。 また、サポートの応答性を確保し、お客様の期待に応え、その期待を上回れるように、Tier3のサポートエンジニアをTier1およびTier2のチームに配属しました。 2023年10月10日 一部の経営幹部およびエンジニアを一時的にギリシアのアテネに配置転換しました。電力供給やインターネットが長期間停止することは現時点では予想されていませんが、そうした極端なケースにおいても世界中のスタッフやクラウドオペレーションをサポートできるように、本社およびエンジニアリングのリソースを利用できる状態にしています。 今後について イスラエルは過去にも困難な時期や武力衝突に直面し、常にこれに打ち勝ってきました。私たちは、今回の紛争においても、イスラエル国内のCato社員およびその家族を守り、支えていきます。当社の成功は、ビジネスのあらゆる面で卓越した成果を求めるスタッフたちの取り組みの上に築かれています。当社が引き続き、お客様の最も重要な業務インフラのために、堅牢かつセキュアな基盤を提供するというミッションを追求する中で、こうしたスタッフたちの取り組みも堅持されることになります。

活動開始:タグ・ホイヤー・ポルシェ・フォーミュラEチームとの新たなパートナーシップ

デジタルという国境のない新たな世界では、世界中にい...
活動開始:タグ・ホイヤー・ポルシェ・フォーミュラEチームとの新たなパートナーシップ デジタルという国境のない新たな世界では、世界中にいる同僚やパートナーと共にイノベーションを起こすことが可能です。成長めざましいABB FIAフォーミュラE世界選手権は、モータースポーツのみならず、自動車業界全体にとって最新のイノベーションの実験場となっています。そこでCatoは、タグ・ホイヤー・ポルシェ・フォーミュラEチームの公式SASEパートナーとして、パートナーシップを開始したことをご報告します。 1950年代から続く壮大なレースの歴史を持つポルシェは、フォーミュラEの第6シーズンにおいて、フォーミュラカーレースへ待望の上位復帰を果たすなど、積極的に過去3年間前進し続けてきました。昨シーズンのメキシコシティでは上位2位を独占し、フォーミュラE初優勝を果たしました。 Catoは、お客様がロケーションに関わらず安全に協業できるよう、ポイントソリューションの複雑性を排除し、安全なネットワークアーキテクチャを単一ベンダーのSASEクラウドプラットフォームとして提供することで支援します。世界的なモータースポーツ大会はしばしば「旅するサーカス」に例えられ、各国で週次または月次でレースを行い、荷物をまとめたら次の国へと移動します。そういったフォーミュラEのレースシーズンの性質と、チームのテクノロジーとデータの広範な使用を考慮して、クラウドネイティブなネットワークとセキュリティインフラをチーム戦略の基礎としました。 画像を拡大するにはここをクリック すべての企業組織の決断と同様、タグ・ホイヤー・ポルシェチームによる決断は、タイヤの温度からバッテリーの消耗まで、あらゆるデータポイントをリアルタイムで分析する必要があります。さらにサーキット上で違いを生み出すためには、チーム本部が地球の裏側にあってもチームとして瞬時に判断を下すことが不可欠です。 フォーミュラEの各イベントと広範な車両開発を通じて、チームが収集した膨大なデータセットによっ てそれらの判断は下されます。このデータに基づくインサイトは、レース中のチームパフォーマンスに大きく影響します。そのため、セキュリティと運用上のリスクを最小限に抑え、最適なアプリケーションとデータアクセスを実現する方法をとる必要があるのです。 Catoは、タグ・ホイヤー・ポルシェ・フォーミュラEチームのシーズンを通じたオペレーションの最適化と、ネットワークとSaaSアプリケーションへの安全なアクセスを可能とするため、重要な役割を担っています。私たちは今シーズンに向けて、わくわくしながらも楽観的に、勝利を共に掴むため努力しています。 “2023年1月14日、メキシコシティで開幕するフォーミュラEシーズン9では、タグ・ホイヤー・ポルシェ・フォーミュラEチームへのご声援をお願いします。今後数週間以内に、パートナーシップに関する詳細を発表しますので、ご期待ください。” タグ・ホイヤー・ポルシェ・フォーミュラEチームの詳細はこちら: https://motorsports.porsche.com/international/en/category/formulae

Catoの評価額が25億ドルに上昇

SASE、SD-WAN、およびクラウドベースのセキ...
Catoの評価額が25億ドルに上昇 SASE、SD-WAN、およびクラウドベースのセキュリティ市場は、ほとんどが超大手ベンダーで占められていることをご存知の方も多いはずです。SD-WANやCASBなどのカテゴリーの独立系企業の大半が、大手ベンダーにより、これまでに買収されています。その目的は、SD-WANとセキュリティの両方を含むオファーによる、SASE分野での競争体制の確保です。しかし、これらの買収価格は、現在のCatoの評価額の数分の1に過ぎません。 Catoと競合他社の違い? Catoは設立当初から、根底的に差別化されたアーキテクチャと価値提案により、大手ソフトウェアベンダーやハードウェアベンダー、通信事業者など、さまざまな企業に果敢に挑んできました。 現在、オンプレミスでの展開に構築されたアプライアンスやポイントソリューションから、真のクラウドネイティブプラットフォームへの移行が進んでいます。例えば、Amazon Web Services(AWS)のネットワークおよびセキュリティです。しかしながら、SASE分野の競合他社はすべて、従来のビルディングブロックとクラウドネイティブポイントソリューションを継ぎはぎして提供しています。そして今後、よりシームレスで合理的なソリューションへ時間をかけて進化させていくことを望んでいます。Catoは、「AWSなど」のネットワーキングおよびセキュリティクラウドサービスの構築には、まったく新しいプラットフォームとアーキテクチャが必要という考えに基づき、 いち早くこれを2015年に実行しました。それ以来、Catoはクラウドサービスの機能、グローバルなフットプリント、そして顧客基盤を大規模に拡大し、真のクラウドネイティブデザインがもたらす自動化、効率化、回復力、拡張性を備えたネットワークとセキュリティを、サービスとして提供できることを実証しています。 Catoの将来性の基盤となるビジョン。それはビジネスおよびITのより良い未来です。IT部門が基礎となる技術をより効率的に提供することで、ビジネスを迅速に進めていくことができます。これは、AWSなどのサービスと同じように、ルーティング、最適化、冗長性、セキュリティその他に伴う、最も難しく手間がかかる部分をプラットフォームで行うことで実現できます。 新しい拠点やユーザーグループ、クラウドアプリケーションなど、今後発生するお客様のリソースをCato SASE Cloudに接続するだけで、安全な最適化されたアクセスをご利用いただけます。 市場においてCatoがやるべきことはまだまだあります。ネットワーキングとセキュリティのより良い未来を実現し、インフラの運用方法を常に変革していくことが、Catoのミッションです。 ご期待ください。