Boyd CATは、ネットワーク能力を二倍にして、Catoとともに機敏さを促進する

Manufacturing

Boyd CATは、ネットワーク能力を二倍にして、Catoとともに機敏さを促進する

Affordable MPLS Alternative
Mobile Access Optimization

チャレンジ:スローなアプリケーションのパフォーマンス、貧弱な可視性

小売ディーラは、デジタル変換の時代に独特のチャレンジに直面します。現在のビジネスを運営するためには、分散した小売店から企業のデータセンターやクラウドのアプリ、製造パートナーへの高速で安全なWAN接続が必要です。Boyd CAT(Caterpillarの重機販売店)もその様な状況でした。

会社の20ヵ所の店舗は、ケンタッキー州、インディアナ州南部、ウエストバージニア州、オハイオ州南東部の全域に分散していました。全ては、10Mbit/sのMPLS接続を使用して、ケンタッキー州ルイビルとウエストバージニア州ベルのデータセンターに接続されていました。そのERPアプリ(Microsoft Dynamics AX)は、データセンターで作動していました。セキュリティは、モバイルVPNアクセスも処理した、データセンターのファイアウォール機器、会社のMPLS通信事業者からの第2のファイアウォールによって提供されました。

そのMPLSベースのコミュニケーション・アーキテクチャに費用がかかるために、容量が縮小され、アプリ能力がしばしば損なわれ、顧客サービスやビジネスでの他の側面が影響を受けました。

“With MPLS, our branches were always complaining about slow performance” 

「10Mbit/sのMPLS接続のせいで、当社の支店は、遅いネットワーク環境のことにいつも不満を言っていました」とBoyd CATコミュニケーション・アナリストのマット・ベイズ(Matt Bays)は言っています。

その費用のかかるMPLS接続の全ては、現地のラストマイル接続にも依存しており、それは不安定となる可能性がありました。「ケンタッキー州とウエストバージニア州の販売店は、頻繁なドロップアウトで苦しみました」とベイズが語ります。「中断が発生した場合は、しばしばMPLS通信事業者に連絡してから、現地のラストマイル・プロバイダーに相談しなければならないでしょう」時には、ネットワークパフォーマンスとドロップアウト問題を解決するのに、数日を要することがあり得ます。

接続が低下したとき、小売業者は会社のAzureベースのMicrosoft Dynamics AX ERPアプリにアクセスできませんでした。接続が立ち上がったときであっても、ERP能力は痛々しいまでに遅くなり得ました。

「当社のプリントサーバの全部がルイビルに存在しているので、誰かが顧客の請求書を印刷する必要があれば、ルイビル・データセンターにあるMS Dynamics AXサーバーにデータを最初に移動させなければなりません。そして、データは、はるばる小売支店に戻ります」とベイズは語ります。「いくらか離れているラストマイルのプロバイダは、ほんの3~6Mbit/sで作動させているかもしれないので、簡単な文書を印刷するだけでも、長い時間かかることがありました」

能力の問題に付け加えると、帯域幅の配分を管理するために、簡単な方法がありませんでした。それで、Windowsのオペレーティング・システム最新版がすでに遅い接続を独占したときに、アプリケーション能力はさらにいっそう低下するようになります。「毎月第2火曜日には、当社のWindows最新版サーバーは、全てのラップトップとデスクトップを更新し、他の全ては徐々に失速します」とベイズは語ります。Boyd CATは、物事を滑らかに作動させ続けるために、音楽サービスやYouTubeのようなストリーミング・アプリの使用を制限するか、禁止しなければなりませんでした。

通信事業者のMPLSによる可視性が制限されたので、パフォーマンスの問題を解決することは困難でした。「私たちは、しばしば問題がアプリにあるか、データ回路にあるかどうかを理解できませんでした」とベイズは語ります。

ファイアウォールの管理は、厄介でもありました。「Caterpillarや他の多くのプロバイダーから新しい位置への安全なアクセスを認めるには、オンラインによって要請を通信事業者に提出する必要のある、当社のシステム管理を精査しなければなりません」とベイズは語ります。

BOYD CATは、SD-WANを調査して、Catoを選びます

Boyd CATの情報システムの社長が技術会議に出席し、他の出席者がSD-WANソリューションについて話し合っているのを聞いたときに、物事が変化しました。「その会議の後に、私たちは、SD-WANプロバイダーを探し求め、SD-WANへ切り替えることの経費と関連性を調べるとの仕事を課されました」とベイズは語ります。

ベイズによれば、Boyd CATは、テレコムとネットワーク機器のスペースでCatoと他の2社のSD-WANプロバイダーを調査しました。「Catoはとてもニーズに適合するようでした。費用は適切であり、導入は非常に容易なようであり、可視性はMPLSよりもかなり良かったです」CatoとCatoの現地のケンタッキー州とウエストバージニア州のラストマイル・プロバイダーの代表者は、会合のためにBoyd CATの事務所に来社しました。「それは、Catoとともに進むために、私たちが最終的な承認に進む場所でした」

Catoは、各支店、モバイル・ユーザー、物理、クラウドのデータセンターを含めて、全てのエンタープライズ・ネットワークのリソースを単一の安全でグローバルなクラウドのネットワーク・サービスに結び付けます。Catoは、全てのWANとインターネット通信をクラウドの中で強化し、全ての通信を保護するために、強力なセキュリティ・サービスを適用します。店舗をCatoに結び付けるには、簡単なCato Socket機器を取り付けるだけです。これによって、Catoの世界中に分散された55ヵ所以上の存在点(PoP)のうちで最も近いPoPにつながります。
現地のPoPにおいて、Catoは、そのグローバル・バックボーンとセキュリティ・サービスに至るまで、オンランプを提供します。バックボーンは、ゼロ・パケット・ロスと99.999%のアップタイムに対してプライベートに管理されるだけでなく、処理量を劇的に向上させるためにWANの最適化を行っています。
Catoは、ネットワーク通信量をモニターし、Catoのバックボーン全体でパケット毎に最適の経路を選びます。モバイル・ユーザーは、同じバックボーン全体で実行し、同じ最適化機能から恩恵を受け、リモートアクセス能力を向上させます。

敏速な配備、帯域幅を二倍に

CatoのSocketをそれぞれの支店に配備することは、信じられないほど容易でした。「私たちは、それぞれの現場まで走り回り、それらをプラグインし、ライセンスを割り当てました」とベイズは語ります。「実際のMPLSからの移行は、数秒で出来ました」

「支店は、とてもCatoを気に入りました」とベイズは語ります。「彼ら(各支店)は、誰が次にCatoに移行するかを争い始めました。私たちは、全ての当社のMPLS接続を打ち切ることができました」

Catoソリューションの低コストのおかげで、Boyd CATは、支店の帯域幅を10Mbit/sから25Mbit/sに移行して、二倍以上にすることができました。Catoの最適化とグローバルなプライベートバックボーンとともに、追加の帯域幅によって、アプリ能力が劇的に向上しました。「支店の人々はとてもCatoを気に入りました」とベイズは語ります。「彼ら(各支店)は、誰が次にCatoに移行するかを争い始めました。私たちは、全ての当社のMPLS接続を打ち切ることができました」

「Catoによって、私たちは、Windows Updateとストリーミング・アプリの使用する帯域幅を制限できるので、どのアプリの利用が遅くなっているのか、状況がどうなっているのか知ることができました。」とベイズは語ります。「それには、私たちは本当に興奮しました」

圧倒的な帯域幅を除けば、その他の能力改善は、Catoの改良された可視性と帯域幅の管理能力に由来しました。「Catoによって、私たちは、Windows Updateとストリーミング・アプリの使用する帯域幅を制限できるので、どのアプリの利用が遅くなっているのか、状況がどうなっているのか知ることができました。」とベイズは語ります。「それには、私たちは本当に興奮しました。私たちには、二重データ回路もあります」後者は、ラストマイルMPLSのプロバイダーで苦しんでいるドロップアウトがこれ以上は存在しないことを意味します。今では、ユーザーがYouTubeを利用できることに問題はありません。Caterpillarがトレーニングの一部をYouTube動画によって行うので、これは重要なことです。

能力の問題がまれに発生したときは、Catoの可視性によって、その原因を突きとめることが容易になります。「私たちには最近、当社のエヴァンズヴィルの位置で問題が発生しました。私は、ただ現地のSocketにログインし、速度テストを行い、アプリまでの問題を追跡しました」とベイズは語ります。Boyd CATのHelpdeskは、Catoのコンソールにログインして、能力の問題を処理することもできます。

円滑に運営するビジネス

ベイズは、要請を提出して待たなければならないのではなく、直接に管理コンソールによって、ネットワークとファイアウォールの規則を構成して変更することができました。「誰がTwitterやFacebookのようなソーシャルメディアのサイトにアクセスできるかを決定するために、パートナーに接続を開放するか、Active Directoryグループを使用するのは非常に容易です」とベイズは語ります。

Boyd CATは、Catoのマルウェア対策とIPS能力も使用しています。「これらは、立派に機能しています」とベイズは語ります。「サポートは、いつでも卓越しています」とベイズは語ります。「私たちは、まさにサポートタブをクリックし、チケットを送ると、彼らは本当にすばやく返答します。私たちは、電話をする必要はなく、そのオプション全部に目を通して、数日間に返答を聞くことはありません。私たちは、すばやい返答を得て、彼らは全てが順調であることを確かめるために、しばしばフォローアップします。これは本当に素晴らしいことです」

Boyd Cat Network Architecture

ベイズは、同様に一部のCatoモバイルVPNクライアントのロールアウトを始めました。「私は、それが大好きです。あなたは、ただボタンをクリックして、つなげるだけです。当社のライセンスが現在のVPNソリューションに期限れになるときに、私たちは全てのエンドユーザーをCatoのVPNクライアントに切り替えることを調べます」

結果:Catoのおかげで、ビジネスのプロセスがより円滑でより安全になり、生産性が強化されます。ベイズは、「Boyd CATが、ビジネスの誰にも向けて、より広い帯域幅、より高速、より一貫性の能力を提供できるようになったのは、まさに偉大なことです」と語ります。

ガートナーがCatoを12部門で評価

ガートナー マネージドSD-WANサービスのマーケットガイド

ガートナー ミッドサイズ エンタープライズのハイプサイクル 2021

ガートナー バーチャルプライベートネットワークのマーケットガイド

ガートナー スレットフェーシング テクノロジーのハイプサイクル 2019

ガートナー ゼロトラストネットワークアクセスのマーケットガイド

ガートナー エッジコンピューティングのハイプサイクル 2021

ガートナー ビジネスコンティニュイティ&ITレジリエンスのハイプサイクル 2021

ガートナー ネットワークセキュリティのハイプサイクル 2021

ガートナー エンタープライズネットワーキングのハイプサイクル 2021

ガートナー ワークプレイスインフラストラクチャー&オペレーションのハイプサイクル 2021

ガートナー クラウドセキュリティのハイプサイクル 2021

ガートナー クラウドコンピューティングのハイプサイクル 2021

ガートナーは、その調査発行物に掲載されている特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価またはその他の指定を受けたベンダーのみを選択することを技術利用者に対して助言するものではありません。ガートナーの調査発行物は、ガートナーリサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本調査に関して、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、一切の保証を行うものではありません