RingCentralが内部ネットワークをCatoのSASEプラットフォームに移行

Technology

RingCentralが内部ネットワークをCatoのSASEプラットフォームに移行

Work from Home
Secure Branch Internet Access

企業は、デジタルエンタープライズに移行するにつれて新たな課題に直面します。 ITは、絶えず変化するビジネス要件に適応するために俊敏性を強化しなければなりません。 さらに、優れたユーザーエクスペリエンスを提供する場所の如何を問わず、運用は無駄のないものでなければなりません。 これらの課題は多くのIT組織を混乱させており、これらの課題がまさにCarlo Curato氏とRingCentralの彼のチームがこの数年間に取り組んできたものです。

クラウドファースト、クラウドネイティブは日常の管理タスクに費やされる時間を削減します

RingCentralは、Gartnerによって「サービスとしてのユニファイドコミュニケーション(Unified Communications as a Service[UCaaS])カテゴリのマジッククアドラントリーダーに選ばれ、モビリティやクラウドなどのデジタルトランスフォーメーションテクノロジーに精通しています。 Curato氏は、RingCentral独自の継続的な変革の両方の鍵を検討しています。

「私たちはクラウドソリューションの大いなる支持者であり、デジタルワークプレイスで仕事をしています」「私たちは最初で最高の顧客であり、プラットフォームを多用しています。」とCurato氏は述べています。

RingCentralは、他のほとんどの内部ソリューションについても、クラウドファーストのどこでも機能する戦略に従います。 「アジャイルを維持するには、ITはコア機能と顧客への提供に重点を置き、コア以外のITポートフォリオアイテムをクラウドに移行する必要があると強く感じています」とCurato氏は述べます。

RingCentral、ITインフラストラクチャディレクター、Carlo Curato氏曰く「アジャイルを維持するには、ITはコア機能と顧客への提供に重点を置き、コア以外のITポートフォリオアイテムをクラウドに移行する必要があると強く感じています。」と

Curato氏にとって、クラウドとは、クラウドインフラストラクチャで多数の仮想サーバーを起動することを意味するものではありません。 これは、IT部門ではなく、プロバイダーによって完全に管理される完全なクラウドネイティブソリューションを意味します。 「すべてのベルとホイッスルはクラウドサービスによって24時間年中無休で管理およびサポートされるという考え方です」とCurato氏は言います。そのため、企業は日常的な管理タスクに時間とリソースを費やす必要がありません。 「フェイルオーバーやパッチ適用などの機能は、ビジネスを改善するコアコンピテンシー機能に費やされる可能性のあるIT時間を何時間も節約します。」

クラウドネイティブとは、需要をサポートするために自動的に拡張され、グローバル規模で管理および提供されるソリューションも意味します。 「会社が成長または縮小するときに、会社をサポートするために迅速に一定の基準に従って拡大/縮小できるようになります」と彼は言います。

そして、クラウドネイティブは簡単な統合を意味します。 「REST APIで利用できるものはすべて巨大です」、「CLIのマスターである必要はもうありません。 代わりに、DevOpsチームは、機能を簡単に統合、調整、自動化するAPIとサービスを使用して、ビジネスを変更またはサポートできます。」とCurato氏は言います。

RingCentralの購入基準:SD-WANとクラウドネイティブ

RingCentralは、クラウドネイティブの統合された、「デジタルワークプレイス」戦略をSD-WANソリューションの検索に適用しました。

「私たちは急速に成長し、オフィスを建設し、拡張し、フロアを移動し、人々をフロアからフロアに移動し、サーバーをあるエリアから別のエリアに移動しています」、「私たちは、物事を迅速に立ち上げて実行できるように、デプロイメントを簡素化することを望んでいます。 SD-WANソリューションの設定、再設定、および管理に多くの時間を費やしたくありません。 また、現在の旅行制限では、場所やデバイスを持っている人の手から設定機能を取り除く必要があります。」とCurato氏は言います

これは、クラウドでの事前プロビジョニングを意味します。 「プロバイダーは、ホームオフィス、支社、または本社の誰もがインターネットサービスに接続して点灯するのを見ることができるように、事前にプロビジョニングされたソリューションを提供できる必要があります。」

自動化はSD-WANセキュリティ機能にも適用されます。 「独自のファイアウォールの管理を開始すると、管理インターフェイスがインターネットに公開され、スキャン、ハッカー、DDOS攻撃に対して脆弱になります」、「悪用される可能性のある脆弱性がある場合、それを悪用しようとしているハッカーは数えきれません。 インターフェースを公開せず、セキュリティと管理のためにクラウドと直接通信するだけのソリューションが必要でした。」とCurato氏は述べます。

Catoが真のクラウドネイティブSASEプラットフォームを提供

これらの前提条件が、Curato氏とRingCentralをCatoに導きました。 「私たちはウィッシュリストのパートナーに話しました、そして彼は私たちにCatoを紹介しました。」 Curato氏は、CatoエッジデバイスがRingCentralデスクフォンのように事前にプロビジョニングされた方法を気に入っていました。

「Catoを使用すると、Cato Socketを初めて起動して実行するよりも、プロバイダーにインターネット回線を注文するのに時間がかかります」とCurato氏は言います。

RingCentral、ITインフラストラクチャディレクター、Carlo Curato氏曰く「Catoを使用すると、Cato Socketを起動して実行するよりも、プロバイダーにインターネット回線を注文する方が時間がかかります。」

Catoの管理方式も大きなプラスになりました。「ファイアウォール管理ソフトウェアをどこに置くかで頭を痛めたくはありません」、「より多くのファイアウォールが必要な場合はどうなりますか? さらにライセンスを購入する必要があります。 それはスケーリングの悪夢です。 Catoには、一元管理、セキュリティ、シームレスなスケーラビリティを備えた統合集中管理インターフェースがあります。」とCurato氏は言います。

また、Curato氏は一元化された統合管理により、WANパフォーマンスやその他の問題に簡単に対処できます。 「中央リポジトリを使用すると、問題を迅速に解決できるため、展開が速くなるだけでなく、問題の解決も速くなります。」

RingCentral Management Console
RingCentralは、Catoを使用して、ネットワーク、セキュリティ、およびアクセスインフラストラクチャに統合集中管理インターフェースを追加しました。

CatoはクイックCOVID-19ランプアップを可能にしました

RingCentralのクラウドネイティブ戦略とCatoの統合されたモビリティとイージースケーラビリティは、COVID-19危機が発生したときの救いの神でした。 「従来のVPNソリューションでは、時を選ばずテレワークする従業員のごく一部のみを対象に設計された環境を拡張する方法を考えなければなりませんでした。しかし、Catoを使用すれば、誰でもすぐに自宅でテレワークを始めることができます。 帯域幅とIP範囲について考える必要はありません。Catoが管理する必要なものがすべてそこにあるからです。」

RingCentral、ITインフラストラクチャディレクター、Carlo Curato氏曰く「Catoを使用すると、誰もがすぐに自宅でテレワークを始めることができます。帯域幅とIP範囲について考える必要はありません。Catoが管理する必要なものがすべてそこにあるからです。」

Catoのクラウドベースのセキュリティ機能により、最も厳格なセキュリティ要件下にある開発チームが自宅で作業することが特に容易になりました。 「Catoがなければ、各チームメンバーに小さなファイアウォールを送信し、それらすべてをコンフィギュレーションおよび管理する必要があったでしょう。 私たちは、Catoを使用して、すべてのファイアウォールルールが事前にプロビジョニングされた事前構成済みのソケットデバイスを送信しました。」

remote users configuration information

Catoを使用すると、ユーザーITはドリルダウンして、リモートユーザーを深く洞察し、構成情報やパフォーマンスメトリックなどを確認できます。

クラウドファースト、クラウドネイティブ、デジタルワークプレイス:これらはスムーズなデジタルトランスフォーメーションのためのCurato氏の合言葉です。そして、それがデジタルトランスフォーメーションを実現するに当たってCatoがRingCentralを支援する方法です。

ガートナーがCatoを12部門で評価

ガートナー マネージドSD-WANサービスのマーケットガイド

ガートナー ミッドサイズ エンタープライズのハイプサイクル 2021

ガートナー バーチャルプライベートネットワークのマーケットガイド

ガートナー スレットフェーシング テクノロジーのハイプサイクル 2019

ガートナー ゼロトラストネットワークアクセスのマーケットガイド

ガートナー エッジコンピューティングのハイプサイクル 2021

ガートナー ビジネスコンティニュイティ&ITレジリエンスのハイプサイクル 2021

ガートナー ネットワークセキュリティのハイプサイクル 2021

ガートナー エンタープライズネットワーキングのハイプサイクル 2021

ガートナー ワークプレイスインフラストラクチャー&オペレーションのハイプサイクル 2021

ガートナー クラウドセキュリティのハイプサイクル 2021

ガートナー クラウドコンピューティングのハイプサイクル 2021

ガートナーは、その調査発行物に掲載されている特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価またはその他の指定を受けたベンダーのみを選択することを技術利用者に対して助言するものではありません。ガートナーの調査発行物は、ガートナーリサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本調査に関して、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、一切の保証を行うものではありません