SASE Expert Certification Training

Change Language

SASE資格取得の時が来ました

SASEエキスパート、レベル1のコース(SASE資格を取得する唯一の方法)に今すぐ、お申込みください。 SASE資格を取得いただける唯一のコースです。SASE専門知識を知ってもらうために、今すぐ、お申し込みください。

誰がSASE資格を取得すべきか? あらゆる種類、規模、そして場所の現代のデジタルビジネスで業務に携わる革新的なITプロ、ネットワーク管理者、及びセキュリティーアーキテクト

今すぐ、申し込む
Change Language

コース情報

  • 入門者向けSASE – 日本語
  • SASE 概要: Catoから発想を得た内容 -日本語
  • SASE – 新たな企業ペリメータ用のアーキテクチャ – 日本語
  • 入門者用セキュア・アクセス・サービス・エッジ-Cato-Networks-スペシャルエディション-英語で
  • 苦労してポイントソリューションを統合する、さもなければSASEの手法を選ぶ-日本語
  • SASE移行への実践的ガイド-日本語
  • マルチベンダーSASEを嫌う理由-日本語
  • 企業用VPNの欠点-日本語
  • SASEコンバージェンスか、統合か?それは同じものではない-日本語
  • MPLSからSD-WAN、SASEへ:企業ネットワークの進化-日本語
  • 何がSASEではないのか?-日本語
  • SASEエキスパート – レベル1試験 – 日本語

コース情報

題名 SASEエッセンシャル
言語 日本語
所要時間 3~5時間
ペース 自分のペースでの学習
難易度 入門

SASEとは何か

セキュア・アクセス・サービス・エッジ (SASE) は、ネットワーク機能とセキュリティーポイントソリューションを統一したグローバルなクラウドサービスにまとめます。SASEは、全く新しいアーキテクチャプローチを示すものであり、ネットワークセキュリティーの未来としてガートナーから認知されています。SASEはビジネスを可能にするものとして、ダイナミックなデジタルビジネス環境のために構築されたクラウドネイティブで順応性のあるネットワークを提供し、本来あるべき役割を取り戻すべく、ITを強化します。

#SASE資格を取得する容易が出来ていますか?Catoのコースの準備をしてください

 

今すぐ、申し込む

CatoのSASE顧客

SASE資格を取得する方法

資格を取得するには、Cato SASEコースに申し込み、85%の最低点数で資格試験に合格する 必要があります。クラウド、ネットワーキング、そしてセキュリティーについてある程度の知識を前提にしています。資格を取得するのに、SASEについて予め知識は必要はありません。

SASE資格を取得する理由とは?

SASE資格取得者となるのは、アルファベットほど簡単ではないかもしれませんが、確かに価値があります。現在のネットワークアーキテクチャは、現代のビジネスのニーズをサポートするには単に不適切であると認識していたガートナーは、2018年末に最大1%未満から、2024までに少なくとも企業の40%がSASEを採用する明確な戦略を持つことになる。.” 2018年末に最大1%未満から、2024までに少なくとも企業の40%がSASEを採用する明確な戦略を持つことになる。」と予測し、2019年にSASEを導入しました。そして、SASEは比較的新しいものですが、リモートアクセスの爆発に対応するビジネスの継続戦略に対する切迫したニーズがあるため、COVID-19がその採用をさらに促進しました。事実、ガートナーによれば、 2020年6月以来、「SASEは世界のリモートワーカーの40%以上に採用されています。」.”

ガートナーの市場の見通しを踏まえると、SASE資格は持っていた方が良いのですが、多くの場合、業界の方向に関連し、整合するネットワーキングとセキュリティースキルを示すには持たなければならないものになってきています。

Become a SASE Expert

Apply now

どの資格がベストか?

最初の真のSASEプラットフォームプロバイダとして、当社は敬意を評し、Cato認定のSASE資格を取得することを推奨します。そして、これを裏付けるには、ここに背景があります:

ガートナーは真のSASEプラットフォームに対する4つの核となる要件を定義しました:コンバージェンス、クラウドネイティブ、グローバルに分散、そして全てのエッジサポート。Catoクラウド は、SASEアーキテクチャの最初の完全な展開であり、ガートナーのSASEフレームワークに完全に適合しています:

コンバージェンス

単一のソフトウェアスタックにより、コンバージネットワークとセキュリティー機能を提供します。

クラウドネイティブ

全ての想定される機能性をクラウドに置くクラウド-ファーストサービスアーキテクチャを提供します。

グローバルに分散

60以上のグローバルPoPのグローバルプライベートバックボーンを通して、SASEサービスを提供します。

全てのエッジをサポート

全ての企業エッジ(データセンター、クラウド、リモート/モバイル)を統一された中央管理型のSASサービスに接続します。

2019年に、ガートナーは、企業ネットワーキング用のハイプサイクルを初めてSASEを含めました。最近の2020年レポートにおいて、ガートナーはネットワークセキュリティー用のハイプサイクルと企業ネットワーキング用のハイプサイクルの両方でSASEのプレゼンテーションを行いました。Catoはこのレポートの全てにおいてSASEのサンプルベンダー企業としてリストに掲載されていました。

Catoの認定資格取得者になる

The network for whatever’s next