Is SD-WAN Enough for Global Organizations?

SD-WAN networks provide multiple benefits to organizati...
Is SD-WAN Enough for Global Organizations? SD-WAN networks provide multiple benefits to organizations, especially when compared to MPLS. SD-WAN improves cloud application performance, reduces WAN costs and increases business agility. However, SD-WAN also has some downsides, which modern organizations should take into consideration when choosing SD-WAN or planning its implementation. This blog post lists the top considerations for enterprises that are evaluating and deploying SD-WAN. It is based on the e-book “The Dark Side of SD-WAN”. Last Mile Considerations SD-WAN provides organizations with flexibility and cost-efficiency compared to MPLS. For the last mile, SD-WAN users can choose their preferred service, be it MPLS or last-mile services like fiber, broadband, LTE/4G, or others. When deciding which last-mile solution to choose, we recommend taking the following criterion into consideration: Costs Redundancy (to ensure availability) Reliability Learn more about optimizing the last mile. Middle Mile Considerations MPLS provides predictability and stability throughout the middle mile. When designing the SD-WAN middle mile, organizations need to find a solution that provides the same capabilities. Relying on the Internet is not recommended, since it is unpredictable. The routers are stateless and control plane intelligence is limited, which means routing decisions aren’t based on application requirements or current network levels. Instead, providers’ commercial preferences often take priority. Learn more about reliable global connectivity. Security Considerations Distributed architectures require security solutions that can support multiple edges and datacenters. The four main options enterprises have today are: The SD-WAN Firewall Pros: - Built into the SD-WAN appliance Cons: - Do not inspect user traffic Purchasing a Unified Threat Management Device Pros: - Inspects user traffic Cons: - Requires a device for each location, which is costly and complex Cloud-based Security Pros: - Eliminated firewalls at every edge Cons: - Based on multiple devices - the datacenter firewall, the SD-WAN and the cloud security device. This is also costly and complex. A Converged Solution SASE (Secure Access Service Edge) - converges SD-WAN at the edge and security in the middle, with one single location for policy management and analytics. Cloud Access Optimization Considerations In a modern network, external datacenters and cloud applications need to be accessed by the organization’s users, branches and datacenters. Relying on the Internet is too risky in terms of performance and availability. It is recommended to choose a solution that offers premium connectivity or to choose a cloud network that egresses traffic from edges as close as possible to the target cloud instance. [boxlink link="https://www.catonetworks.com/resources/the-dark-side-of-sd-wan-are-you-prepared?utm_source=blog&utm_medium=top_cta&utm_campaign=dark_side_ebook"] The Dark Side of SD-WAN | Read The eBook [/boxlink] Network Monitoring Considerations When monitoring the network, enterprises need to be able to identify issues in a timely manner, open tickets with ISPs and work with them until the issue is resolved. It is recommended to set up 24/7 support and monitoring to orchestrate this and prevent outages that could impact the business. Considerations When Managing the SD-WAN Transitioning to SD-WAN requires deciding how to manage relationships with all the last-mile ISPs, as well as the network itself. You can manage these internally or outsource to providers. Ask yourself the following questions: Is it easier to manage multiple providers directly or through a single external aggregator? How much control do you need over deployment and integrations? What are your priorities for your internal talent’s time and resources? Conclusion Organizations today need to shift to support the growing use of cloud-based applications and mobile users. SD-WAN is considered a viable option by many. But is it enough? Use this blog post to evaluate if and how to implement SD-WAN. To get more details, read the complete e-book. To learn more about SASE, let’s talk.    

Total Economic Impact™(EI:総経済効果): CatoがROI246%およびNPV433万ドルを達成

Cato Networksは、既存のITアプローチに伴う複雑さ、コスト、リスクを排除する、クラウドネイティブア...
Total Economic Impact™(EI:総経済効果): CatoがROI246%およびNPV433万ドルを達成 Cato Networksは、既存のITアプローチに伴う複雑さ、コスト、リスクを排除する、クラウドネイティブアーキテクチャーを通じて、次世代のネットワークとネットワークセキュリティを実現するというビジョンとともに設立されました。ITチームの負担をゼロにして、新しい機能を素早く導入し、セキュリティ体制を維持することを目指しています。 果たして、この目標は達成されているのでしょうか? Cato Networksがもたらす潜在的なインパクトとROIを、Catoをご検討されるお客様にご判断いただくために、このたびForrester Consulting社にTotal Economic Impact(TEI:総経済効果)を委託しました。実は、調査対象のお客様がCato SASEクラウドで達成している成果に、私どもも正直驚いています。 Cato Networksがコスト削減、間接費の回避、旧システムの廃止、セキュリティ強化、効率向上、従業員の意欲向上に大きな役割を果たしていることが、今回の調査結果で判明しています。 Catoにより、以下のような主なメリットが組織にもたらされていることが、Forreste社による調査の結果判明しました: ROI246% NPV433万ドル 6ヶ月以内の投資回収 オペレーションとメンテナンスの低減により、380万ドルの節約 Catoの新規サイトへの導入時間短縮により、約44,000ドルの節約 旧システムのCatoへの置き換えにより、220万ドルの節約 導入にかかる時間短縮およびコスト削減 一貫性のあるセキュリティ その他 現在、セキュリティとネットワークサービスの管理が組織の課題となっています。VPN、インターネット、WANなどの専門チームが、各ネットワークサイトの更新を個別に管理する必要があります。これには、多大な時間とコストがかかります。長期的には、このままでは、ビジネスのデジタルトランスフォーメーションが妨げられ、競争優位性の維持および最善の顧客サービスの提供が困難になります。 調査結果をさらに詳しく見てみましょう。 オペレーション・メンテナンスコストの削減 Cato Networksによる、3年間で380万ドルのオペレーション・メンテナンスコストの削減が今回の調査で判明しました。ネットワーク/セキュリティエンジニアがシステムの最適化ではなく、システムの管理に多くの時間を費やしていることは、組織の複数の関係者にとって極めて重要な懸念材料です。 「率直に申し上げて、Catoダッシュボードを基盤とする、SD-WANソリューションのセットアップとメンテナンスがこんなに容易く行えることに、とても驚いています。[以前のソリューション]では、セットアップに10人、オペレーションに20人のエンジニアが必要でした。Catoにより、これらすべてが解消されました。着想の背景をダッシュボードに表示して、1時間以内に理解することができ、あとは実行するだけです。」 - 自動車部品メーカー、ITマネージャー セットアップ時間の短縮 企業の規模が拡大し、従業員や顧客をどこからでも接続できる柔軟性が求められる中、セットアップや設定にかかる時間が、ネットワーク/セキュリティソリューション選定時の重要な検討事項となっています。今回の調査によると、Cato Networksは、3年間で約44,000ドルの節約をもたらし、膨大な数の手作業による時間を排除しています。 「当社は別のことも推進していました。合併やオフィス移転の増加、さまざまな地域への進出などが[理由]で、「担当者を1名だけ送り出し」、一度設定すれば後は何もする必要がない、管理面を簡素化するアプローチが必要でした。つまりチームメンバーのひとりが出向いて、多くの作業を行い、ある程度知識のある担当者が図示に従ってプラグを差し込み、管理ポータルを表示するだけで、ビジネスが成立します。 - 技術ディレクター、顧問、税務&保証 旧システム廃止による節約 高額なハードウェアは、ITチームやセキュリティチームにとって大きな難題です。メンテナンス、更新、修正、他のプラットフォームとの統合も必要です。Cato SASEに移行して旧システムを廃止することで、3年間で220万ドルの節約が可能です。 「インテリジェンスとセキュリティレイヤーを兼ね備えたCatoにより、必要なことをすべて行うことができ、他のソリューションへのさらなる投資も必要ありません。」 - 技術ディレクター、顧問、税務&保証 その他のメリット 今回の調査報告によると、Cato Networksは、以下のような、定量化できないその他のメリットも同時にもたらしています: 導入の時間短縮とコスト削減 - 遠隔サイトへの搬入導入の時間短縮とコスト削減。 セキュリティ体制の強化 - 組織全体にわたって、一貫性のあるセキュリティルール一式を確保。 アプリケーションの効率向上 - 実務担当者の仕事を迅速化。 従業員の意欲向上 - 顧問、税務、保証の技術ディレクターの見解:「元のシステムに戻すことは考えられません。そのスピードを考慮すると、従業員の大反発が火を見るよりも明らかです。当社のエンジニアは、客先でダッシュボードの設定を行い表示するだけで稼働できる、このシステムを高く評価しています。」 柔軟性 - インフラストラクチャを追加する必要なく、新しいモバイルユーザーを追加でき、サイト展開を加速。 調査報告書の全文 レポートの全文をお読みください。Cato Networksが企業のデジタルトランスフォーメーションをどのように実現するのか、より詳しくご理解いただけます。Cato Networkのビジネスインパクトをさらに詳しくご理解ただくために、この報告書には、すべての財務情報、より多くの引用、ユースケース、コストおよび節約の内訳が含まれています。こちらをクリックして調査報告書をご覧ください。 貴社がどのようにROIを達成できるのか、専門家がご説明いたします。こちらから お問い合わせください。