UCとUCaaSの最適化

ユニファイドコミュニケーション(UC)およびサービスとしてのUC(UCaaS)は、音声・ビデオ会議、画面共有など、リアルタイムコミュニケーションとメッセージングツールを組み合わせて、チームの連携を強化します。UCはビジネスメリットをもたらす一方で、ネットワーク要件がWANトランスフォーメーションへの取り組みにおける課題となります。

音声・ビデオには、最低限のレイテンシーとパケット損失が求められます。音声・ビデオ通話最中のネットワーク停止または速度低下を回避する必要があります。UCのクラウド型UCaaS(RingCentral、8×8、Fuze、Skypeなど)へ移行するブランチロケーションには、予測可能な低レイテンシーのクラウドアクセスが必要です。

Catoソリューション:
UCとUCaaSトラフィックのグローバルな最適化とセキュリティ

世界中の65ヵ所以上に配備されたPoPで構成されるグローバルプライベートバックボーンにより、Cato CloudはあらゆるUCまたはUCaaSの導入を完璧に補完します。Catoは、世界中のあらゆるロケーションにおいて、UCaaSトラフィックをUCaaSプロバイダーのインスタンスに最適にルーティングしています。Catoはラストマイルおよびミドルマイルの最適化により、レイテンシーおよびパケット損失を軽減し、ネットワークのブラウンアウトやブラックアウトによる通信障害に対する保護を講じています。専用のアプライアンスやセキュリティサービスを追加することな く、Cato Cloudに接続されるUCおよびUCaaSコンポーネントをネットワーク攻撃から保護します。

「パートナー認定プロセスの一環として、極めて劣悪なネットワーク環境下でも高品質な音声を提供できるかどうかを確かめるために、Catoの機能をテストしました。その結果、Catoはパケット損失への対応を15%以上向上させて、高レベルの音声品質を維持できることが判明しました。これは、優れた顧客体験を提供する上で大きな成果といえます。」

カーティス・ピーターソン氏、
RingCentral社、クラウドオペレーション、シニアバイスプレジデント

課題

DSLやケーブル回線などによるブロードバンドインターネット接続は、WANトランスフォーメーションへの取り組みに必要な適正な帯域幅と迅速なデプロイを提供します。しかし、UCやUCaaSの体感品質(QoE)を低下させる可能性のあるすべての要因に対処することはできません。ブロードバンドインターネットサービスでは、オーバーサブスクリプションによる輻輳がパケット損失の発生率を高めます。また、ケーブル断線や機器障害によるブラックアウトも避けられません。グローバル企業では、特にピアリングポイントの輻輳によるパケット損失やレイテンシーの増加が、より大きな課題となっています。また、予測不能なインターネット接続では、一貫したエンタープライズグレード品質の音声・ビデオの提供が困難あるいはほとんど不可能といえます。

DSLやケーブル回線などによるブロードバンドインターネット接続は、WANトランスフォーメーションへの取り組みに必要な適正な帯域幅と迅速なデプロイを提供します。しかし、UCやUCaaSの体感品質(QoE)を低下させる可能性のあるすべての要因に対処することはできません。ブロードバンドインターネットサービスでは、オーバーサブスクリプションによる輻輳がパケット損失の発生率を高めます。また、ケーブル断線や機器障害によるブラックアウトも避けられません。グローバル企業では、特にピアリングポイントの輻輳によるパケット損失やレイテンシーの増加が、より大きな課題となっています。また、予測不能なインターネット接続では、一貫したエンタープライズグレード品質の音声・ビデオの提供が困難あるいはほとんど不可能といえます。

Catoソリューション

Cato Cloudは、UCとUCaaSに必要なリーチ、パフォーマンス、保護を提供します。バックホールを排除し、予測不能なパブリックインターネット接続を回避して、レイテンシーを軽減します。Cato Cloudを経由するUCaaSトラフィックは、UCaaSの転送先に最も近いPoPに直接送られます。Catoは、高度なアップストリームおよびダウンストリームQoSおよびパケット損失低減技術により、輻輳とラストマイルのパケット損失を克服しています。これにより、すべてのブランチオフィス間に必要な帯域幅によるUCaaSトラフィック送受信を実現しています。

Cato Cloudは、UCとUCaaSに必要なリーチ、パフォーマンス、保護を提供します。バックホールを排除し、予測不能なパブリックインターネット接続を回避して、レイテンシーを軽減します。Cato Cloudを経由するUCaaSトラフィックは、UCaaSの転送先に最も近いPoPに直接送られます。Catoは、高度なアップストリームおよびダウンストリームQoSおよびパケット損失低減技術により、輻輳とラストマイルのパケット損失を克服しています。これにより、すべてのブランチオフィス間に必要な帯域幅によるUCaaSトラフィック送受信を実現しています。

レガシーソリューションとCatoソリューションの比較

レガシー

レガシー

Cato

Cato

ラストマイルの優先順位付け、パケット損失と可用性

レガシー

上流トラフィックの優先順位付け

アプライアンスベースのSD-WANは、上流トラフィックのみを優先順位付けます。一般的には、アクティブ/アクティブ保護とブラックアウト保護が容量集約に含まれています。ポリシーベースルーティング(PbR)は、UCセッションの最適な経路を選択します。パケット損失低減技術を利用できる場合もあります。

Cato

上流および下流トラフィックの優先順位付け

Cato Cloud QoSは、上流および下流のラストマイルアクセスを優先順位付けます。アクテ ィブ/アクティブ保護とPbRの容量集約により、ブラックアウトの他にブラウンアウトに対する保護も提供して最適な経路を選択します。パケット複製と高速パケットリカバリが、ラストマイルのパケット損失を軽減します。

ミドルマイル最適化

レガシー

予測不能なインターネット接続ルーティング

SD-WANアプライアンスは、予測不能なインターネット接続に左右され、インターネット接続ルーティングの不具合によるレイテンシーやピアリングポイントの輻輳に起因するパケット損失に対応できません。

Cato

グローバルルーティングの最適化

Cato Cloudは、SLA保証付きの複数のティア1キャリア上に構築されたPoPのグローバルプライベートネットワークにより、インターネット接続の障害を回避し、最適化されたルーティングアルゴリズムにより、UCトラフィックがレイテンシーおよびパケット損失が最も少ない経路にルーティングされます。

UCaaSイグレス最適化

レガシー

カスタムデプロイ

SD-WANアプライアンスは、UCaaSアクセスを即座に提供できるわけではありません。まずUCaaSプロバイダーのロケーションを特定し、プロバイダーの建物の近くに何らかの方法でアプライアンスを導入する必要があります。

Cato

最適化の組み込み

Catoは、UCaaSとクラウドデータセンター(IaaS)をネイティブにサポートしています。複雑な追加設定、ポイントソリューションは不要です。Catoは、世界中のUCaaSインスタンスに最も近いCato PoPでUCaaSトラフィックをインテリジェントに転送し、レイテンシーを軽減およびパケット損失を低減します。

セキュリティ

レガシー

追加のセキュリティアプライアンスが必要

SD-WANアプライアンスには、ネットワーク攻撃やサイバー脅威に対する、追加のセキュリティアプライアンスやサービスが必要です。

Cato

統合型セキュリティスタック

Catoのコンバージドセキュリティスタックには、UCコンポーネントをネットワーク攻撃やサイバー脅威から保護する、専用のアプライアンスや追加のセキュリティサービスは不要です。

レガシー

Cato

ラストマイルの優先順位付け、パケット損失と可用性

上流トラフィックの優先順位付け

アプライアンスベースのSD-WANは、上流トラフィックのみを優先順位付けます。一般的には、アクティブ/アクティブ保護とブラックアウト保護が容量集約に含まれています。ポリシーベースルーティング(PbR)は、UCセッションの最適な経路を選択します。パケット損失低減技術を利用できる場合もあります。

上流および下流トラフィックの優先順位付け

Cato Cloud QoSは、上流および下流のラストマイルアクセスを優先順位付けます。アクテ ィブ/アクティブ保護とPbRの容量集約により、ブラックアウトの他にブラウンアウトに対する保護も提供して最適な経路を選択します。パケット複製と高速パケットリカバリが、ラストマイルのパケット損失を軽減します。

ミドルマイル最適化

予測不能なインターネット接続ルーティング

SD-WANアプライアンスは、予測不能なインターネット接続に左右され、インターネット接続ルーティングの不具合によるレイテンシーやピアリングポイントの輻輳に起因するパケット損失に対応できません。

グローバルルーティングの最適化

Cato Cloudは、SLA保証付きの複数のティア1キャリア上に構築されたPoPのグローバルプライベートネットワークにより、インターネット接続の障害を回避し、最適化されたルーティングアルゴリズムにより、UCトラフィックがレイテンシーおよびパケット損失が最も少ない経路にルーティングされます。

UCaaSイグレス最適化

カスタムデプロイ

SD-WANアプライアンスは、UCaaSアクセスを即座に提供できるわけではありません。まずUCaaSプロバイダーのロケーションを特定し、プロバイダーの建物の近くに何らかの方法でアプライアンスを導入する必要があります。

最適化の組み込み

Catoは、UCaaSとクラウドデータセンター(IaaS)をネイティブにサポートしています。複雑な追加設定、ポイントソリューションは不要です。Catoは、世界中のUCaaSインスタンスに最も近いCato PoPでUCaaSトラフィックをインテリジェントに転送し、レイテンシーを軽減およびパケット損失を低減します。

セキュリティ

追加のセキュリティアプライアンスが必要

SD-WANアプライアンスには、ネットワーク攻撃やサイバー脅威に対する、追加のセキュリティアプライアンスやサービスが必要です。

統合型セキュリティスタック

Catoのコンバージドセキュリティスタックには、UCコンポーネントをネットワーク攻撃やサイバー脅威から保護する、専用のアプライアンスや追加のセキュリティサービスは不要です。

ガートナーがCatoを12部門で評価

ガートナー マネージドSD-WANサービスのマーケットガイド

ガートナー ミッドサイズ エンタープライズのハイプサイクル 2021

ガートナー バーチャルプライベートネットワークのマーケットガイド

ガートナー スレットフェーシング テクノロジーのハイプサイクル 2019

ガートナー ゼロトラストネットワークアクセスのマーケットガイド

ガートナー エッジコンピューティングのハイプサイクル 2021

ガートナー ビジネスコンティニュイティ&ITレジリエンスのハイプサイクル 2021

ガートナー ネットワークセキュリティのハイプサイクル 2021

ガートナー エンタープライズネットワーキングのハイプサイクル 2021

ガートナー ワークプレイスインフラストラクチャー&オペレーションのハイプサイクル 2021

ガートナー クラウドセキュリティのハイプサイクル 2021

ガートナー クラウドコンピューティングのハイプサイクル 2021

ガートナーは、その調査発行物に掲載されている特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価またはその他の指定を受けたベンダーのみを選択することを技術利用者に対して助言するものではありません。ガートナーの調査発行物は、ガートナーリサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本調査に関して、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、一切の保証を行うものではありません