グローバルMPLSの代替

数十年にわたって使用されてきたMPLSの代替が求められています。実用的な代替には、予測可能性と一貫性に関して、MPLSのサービスレベルに匹敵するネットワークが必要です。また、コスト、堅牢性、容量制約などの要点を満たすことが求められます。WAN接続に使用されることが多いパブリックインターネットは、MPLSによる一貫した低パケット損失、ジッター、レイテンシーレベルを満たせません。また、特にグローバル接続全体にわたって、レイテンシーやパケット損失の影響を受けやすいアプリケーション(VoIPや仮想デスクトップなど)に対して、予測可能なユーザー環境を提供できません。

適正なMPLSの代替は、機動力のあるWAN、グローバル規模の一貫したアプリケーション提供を低コストで実現する必要があります。また、新しいサイト(拠点)のデプロイ、容量拡張、ネットワークトラフィックの完全な制御を、MPLSよりも容易に実行できなければなりません。

Catoソリューション:
SASEの一部としてグローバルプライベートバックボーンを提供する、クラウドネイティブMPLSによる代替

CatoのSASEプラットフォームには、CatoのクラウドネイティブSD-WANが統合されているため、既存のMPLSを上回るリプレースを実現します。容量制限があり、MPLSとの共存が必要なSD-WANエッジソリューションとは異なり、CatoはMPLSへの依存を排除しています。Catoは、ブランチセキュリティアプライアンスの排除と、クラウドアプリケーションおよびモバイルユーザーのネイティブサポ ートにより、WANトランスフォーメーションをさらに推進します。Catoにより、お客様はWANトランスフォーメーションのメリットを最大限に高めて、ITインフラのコスト、複雑さ、リスクを軽減できます。

「Catoにより、10倍を超える帯域幅を利用しながら、月額コストを25%節約しています。」

ウィレム-ヤン・ヘルケンラス氏
Alewijnse社、ICTマネージャー

課題

MPLSの必要性を排除

エッジSD-WANアーキテクチャにより、ブランチロケーション(拠点)で複数のトランスポート(MPLSとインターネット接続)をWAN接続に使用できます。しかし、レイテンシーやパケット損失の影響を受けやすいアプリケーションの予測可能な配信には、MPLSへの依存は残ります。

エッジSD-WANアーキテクチャにより、ブランチロケーション(拠点)で複数のトランスポート(MPLSとインターネット接続)をWAN接続に使用できます。しかし、レイテンシーやパケット損失の影響を受けやすいアプリケーションの予測可能な配信には、MPLSへの依存は残ります。

Catoソリューション

クラウドネイティブSD-WAN

Catoは、グローバルプライベートバックボーンーンに組み込まれたクラウドネイティブSD-WANおよび統合型のネットワークセキュリティをクラウドサービスで提供しています。Catoは、ティア1のグローバルIPトランジットプロバイダーと相互接続された、世界中の50ヵ所以上のPoPを通じて、一貫性のある予測可能なグローバル接続を低コストで提供しています。

Catoは、グローバルプライベートバックボーンーンに組み込まれたクラウドネイティブSD-WANおよび統合型のネットワークセキュリティをクラウドサービスで提供しています。Catoは、ティア1のグローバルIPトランジットプロバイダーと相互接続された、世界中の50ヵ所以上のPoPを通じて、一貫性のある予測可能なグローバル接続を低コストで提供しています。

従来のソリューションとCatoソリューションの比較

レガシー

レガシー

Cato

Cato

保証付きネットワークパフォーマンス

レガシー

MPLSに依存

エッジSD-WANは、インターネットトランスポートをMPLS WANに統合しています。しかし、インターネット接続ではグローバル規模の一貫したレイテンシー予測ができないため、遅延時間やパケット損失の影響を受けやすいアプリケーションにはMPLSが必要です。

Cato

MPLSの完全なリプレース

Catoは、統合型ネットワーキングとセキュリティソフトウェアスタックを実行する、グローバルプライベートバックボーンを構築してます。Cato PoPは、レイテンシーとパケット損失SLA保証付きの複数のティア1IPトランジットプロバイダーと接続された完全なメッシュ型ネットワークです。MPLSをCato Cloudに置き換えることで、高品質なラストマイルのインターネット接続を利用できます。

統合型ネットワークセキュリティ

レガシー

複雑で高コストなセキュリティ統合

エッジSD-WANは、インターネットリンクをWANトランスポートに使用して、ブランチで直接インターネットにアクセスできます。しかし、完全なネットワークセキュリティスタックを提供していないため、追加セキュリティソリューションの各ロケーションへの導入や、トラフィックのデータセンターへのバックホールまたはクラウドベースのセキュリティサービスの使用が必要となります。

Cato

ネットワークセキュリティの組み込み

Catoは、フルネットワークセキュリティスタックを提供しています。これには、FWaaS、セキュアWebゲートウェイ、アンチマルウェア、IPSのグローバルプライベートバックボーンへの組み込みが含まれます。このため、セキュリティアプライアンスのブランチへの導入、トラフィックのバックホール、新たなセ キュリティサービスの導入は不要です。Catoのマネジメントアプリケーションが、すべてのポリシーを管理します。

エッジのサポート

レガシー

クラウドとモバイルは対象外

エッジSD-WANは、物理的なロケーションを念頭に置いて設計されています。一般的なWANアーキテクチャは、クラウドデータセンターやモバイルユーザーを考慮していません。

Cato

すべてのエッジをフルサポート

Catoは、物理的なロケーション、クラウドインフラ、モバイルユーザーを含む、すべてのエンタープライズエッジを接続します。SD-WANおよびネットワークセキュリティを、グローバルおよびあらゆるソースからのトラフィックに利用できます。

レガシー

Cato

保証付きネットワークパフォーマンス

MPLSに依存

エッジSD-WANは、インターネットトランスポートをMPLS WANに統合しています。しかし、インターネット接続ではグローバル規模の一貫したレイテンシー予測ができないため、遅延時間やパケット損失の影響を受けやすいアプリケーションにはMPLSが必要です。

MPLSの完全なリプレース

Catoは、統合型ネットワーキングとセキュリティソフトウェアスタックを実行する、グローバルプライベートバックボーンを構築してます。Cato PoPは、レイテンシーとパケット損失SLA保証付きの複数のティア1IPトランジットプロバイダーと接続された完全なメッシュ型ネットワークです。MPLSをCato Cloudに置き換えることで、高品質なラストマイルのインターネット接続を利用できます。

統合型ネットワークセキュリティ

複雑で高コストなセキュリティ統合

エッジSD-WANは、インターネットリンクをWANトランスポートに使用して、ブランチで直接インターネットにアクセスできます。しかし、完全なネットワークセキュリティスタックを提供していないため、追加セキュリティソリューションの各ロケーションへの導入や、トラフィックのデータセンターへのバックホールまたはクラウドベースのセキュリティサービスの使用が必要となります。

ネットワークセキュリティの組み込み

Catoは、フルネットワークセキュリティスタックを提供しています。これには、FWaaS、セキュアWebゲートウェイ、アンチマルウェア、IPSのグローバルプライベートバックボーンへの組み込みが含まれます。このため、セキュリティアプライアンスのブランチへの導入、トラフィックのバックホール、新たなセ キュリティサービスの導入は不要です。Catoのマネジメントアプリケーションが、すべてのポリシーを管理します。

エッジのサポート

クラウドとモバイルは対象外

エッジSD-WANは、物理的なロケーションを念頭に置いて設計されています。一般的なWANアーキテクチャは、クラウドデータセンターやモバイルユーザーを考慮していません。

すべてのエッジをフルサポート

Catoは、物理的なロケーション、クラウドインフラ、モバイルユーザーを含む、すべてのエンタープライズエッジを接続します。SD-WANおよびネットワークセキュリティを、グローバルおよびあらゆるソースからのトラフィックに利用できます。

ガートナーがCatoを12部門で評価

ガートナー マネージドSD-WANサービスのマーケットガイド

ガートナー ミッドサイズ エンタープライズのハイプサイクル 2021

ガートナー バーチャルプライベートネットワークのマーケットガイド

ガートナー スレットフェーシング テクノロジーのハイプサイクル 2019

ガートナー ゼロトラストネットワークアクセスのマーケットガイド

ガートナー エッジコンピューティングのハイプサイクル 2021

ガートナー ビジネスコンティニュイティ&ITレジリエンスのハイプサイクル 2021

ガートナー ネットワークセキュリティのハイプサイクル 2021

ガートナー エンタープライズネットワーキングのハイプサイクル 2021

ガートナー ワークプレイスインフラストラクチャー&オペレーションのハイプサイクル 2021

ガートナー クラウドセキュリティのハイプサイクル 2021

ガートナー クラウドコンピューティングのハイプサイクル 2021

ガートナーは、その調査発行物に掲載されている特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価またはその他の指定を受けたベンダーのみを選択することを技術利用者に対して助言するものではありません。ガートナーの調査発行物は、ガートナーリサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本調査に関して、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、一切の保証を行うものではありません